高知大学医学部眼科学講座では安心、納得、信頼される最前の眼科治療をご提供します。

  • HOME » 
  • 研究紹介高知大学医学部 眼科学講座

研究室について

研究室について
研究室について
研究室について

我々の研究室は1996 年に産声を上げました。 物置のような部屋にクリーンベンチとCO2 インキュベーターがある だけでした。生まれたての研究室は極貧で年度末には実験もできない ような状況が続きました。しかし、志を忘れることはなく、徐々に成長 してきました。

今年で12 年目、人間にたとえると中学入学を迎える年であり、 肉体的な変化は目覚しく、精神的な感化を受けやすい年ごろです。 これから数年間が研究室の成長にとって、とても大切だと思います。

『言志録』第10 条 「人は須らく自ら省察すべし。天何の故にか我が身を生出し、 我れをして果して何の用にか供せしむる、と。」に記されているように、 ” why you are here” の精神を忘れることなく精進していきたいと 思っています。5年後、10 年後、いや明日、明後日にエキサイティング な結果がでますように祈りつつ・・・。

研究内容

我々の基本的スタンス 眼免疫疾患に対してT細胞を中心にアプローチしてみよう!!

【テーマ1】アレルギー性結膜疾患重症化メカニズムの解析

動物モデルを用いてアレルギー性結膜炎の重症化の発症機序について研究を行っています。
アレルギー反応を起こすブタクサやスギ花粉を使用し、アレルギー性結膜炎の重症化ではどのようなメカニズムで結膜に好酸球が浸潤するのか、またT細胞がどのように働いているのかを解析しています。

【テーマ1】アレルギー性結膜疾患重症化メカニズムの解析

【テーマ2】ぶどう膜炎の発症メカニズムの解析

ヒトぶどう膜炎の動物モデルである実験的自己免疫性ぶどう膜炎についての基礎研究や発症機序について研究を行っています。
T細胞、マクロファージやそれらに関与する物質をターゲットとした免疫抑制について研究を進め、新たな治療法につなげていくことに取り組んでいます。

【テーマ2】ぶどう膜炎の発症メカニズムの解析

【テーマ3】眼感染症の病態解明と新規治療法の解明

 ソフトコンタクトレンズ装用者の感染性角膜炎や白内障手術後の眼内炎などの眼感染性疾患は非常に重篤な疾患であり、また近年増加していきています。

 本研究室では、これらの眼感染症の病態の解明と抗生物質に頼らない新しい治療法の開発のための研究を微生物学講座と共同で行っています。様々なサイトカインの遺伝子や特定の細胞を欠損したマウス(ノックアウトマウス)に、緑膿菌やブドウ球菌などの細菌を角膜に感染させて、角膜潰瘍の病態を詳細に解析することによって、細菌の排除・生体防御に必要な細胞や因子を解明することを目標としています。

また現代は抗生物質が多く使われるようになったため、臨床の現場では多剤耐性菌の増加が問題となっています。そこでバクテリオファージという細菌を殺すウィルスを用いて、抗生剤に耐性を示す菌による感染性角膜潰瘍や眼内炎を治療することが出来ないかを微生物学講座と協力して行っています。

【テーマ4】眼科領域の自己免疫病発症メカニズムと治療法の研究、および 眼球における骨髄由来細胞の研究

眼科領域の自己免疫病発症メカニズムと治療法の研究
胸腺機能不全のヌードマウスには免疫系を司るT 細胞が存在しない。ヌードマウスの腎
臓皮膜下にラットの胸腺原器を移植しておく(TG ヌードマウス)と、マウス由来のT 細胞が
末梢に出現し、機能的な免疫系が形成される。しかしながらこのマウスには多臓器に自己
免疫病が自然発症してくる。眼科領域では網膜、ぶどう膜、角膜、涙腺、松果体に激しい
リンパ球の浸潤が見られ、それぞれの組織と反応する自己抗体が検出できる。

眼科領域の自己免疫病発症メカニズムと治療法の研究 眼科領域の自己免疫病発症メカニズムと治療法の研究

正常な胸腺では自己反応性のT 細胞は削除され、制御性T 細胞が産生されて個々の臓器
の免疫寛容が成立する。自己反応性のT 細胞の削除と制御性T 細胞の産生には胸腺髄質上
皮で発現しているAIRE 遺伝子が重要な働きをしている。この遺伝子が働くと個々の臓器
抗原が胸腺で産生されるようになる。その結果これらの抗原を攻撃するT細胞は削除され、
さらに制御性T 細胞が産生される。

TG ヌードマウスに自己免疫病が自然発症する原因は、移植したラット胸腺に起因する。
移植した胸腺からはラットのT 細胞は全て消失するが、胸腺上皮細胞は正常に発育する。
その胸腺の中にマウス骨髄からリンパ球が浸潤し、T 細胞や樹状細胞で満たされる。TG ヌ
ードマウスにはラットの胸腺が移植されているので、胸腺髄質上皮で発現されているAIRE
はラット由来である。TG ヌードマウスの胸腺内ではラットの臓器抗原の発現はあるがマウ
ス臓器抗原の発現はない。そのためにマウスの臓器抗原を攻撃するT 細胞は末梢に出て行
き、多くの臓器を攻撃して自己免疫病が発症するようになる。またTG ヌードマウスではマ
ウスの臓器抗原を守るための制御性T 細胞も産生されない。

TG ヌードマウスに発症する自己免疫病の発症阻止は自己免疫病が発症する前に正常マ
ウスから回収した制御性T 細胞を注射しておくと予防できる。またTG ヌードマウスに移
植したラット胸腺の中でマウス臓器抗原を発現させても阻止できる。

眼球における骨髄由来細胞の研究
骨髄細胞は血液系細胞のみの供給源と考えられてきた。そして白血病の治療のために骨
髄バンクが開設され、骨髄細胞投与がなされてきた。Green Fluorescence Protein (GFP)
トランスジェニックマウスが作製され、その骨髄細胞をX 線照射マウスに注射することに
より、移植骨髄細胞の流れが追求可能となった。

最近の研究で骨髄由来の細胞はあらゆる臓器に浸潤し、免疫系細胞のみならず筋組織、
間質細胞や大脳グリア細胞など種々の細胞に分化可能であり、臓器再生に骨髄細胞が関与
していることが明らかになってきている。実際ヒトにおいて、上皮障害のある腸上皮の修
復に骨髄由来細胞が関与していることや、心筋梗塞の治療に骨髄細胞を心臓に直接注入す
ることが有効だったとする報告がなされている。

GFP マウスを用いた我々の研究結果から、眼球を取り巻く強膜や脈絡膜に骨髄由来の非
免疫系細胞が集積することが分かってきた。無血管組織である角膜にも骨髄由来の細胞が
浸潤しており、それらの大部分はマクロファージや樹状細胞であるが、非免疫系細胞も角
膜実質内に浸潤してきている。その細胞学的性状や角膜組織再生への関与についら検討中
である。

眼球における骨髄由来細胞の研究

X 線照射後にGFP マウスの骨髄細胞を移植したマウスを用い、種々の臓器を検索した結
果、GFP 陽性非免疫系のドナー細胞は上皮細胞には分化せず、上皮直下の間質に集積する
傾向が見られた。上皮と間質からなる臓器では、上皮細胞の形態形成から機能発現までを
間質細胞がコントロールしているという報告がある。間質細胞等になり得る骨髄細胞は臓
器のホメオスタシスのために常に体内を循環しているのかもしれない。この観点からも角
膜再生における骨髄細胞の役割を追求したい。

眼球における骨髄由来細胞の研究